民間にはヘリ免許を活用できるお仕事がたくさんある

民間にもヘリ免許を活かすことができるお仕事がとてもたくさんあります。例えばドクターヘリです。ドクターヘリはドラマ化もされており、メディアなどで事故が発生した時に登場する機会も多いので一度はメディアやドラマなどを通して見たことがあるという方も少なくないでしょう。ドクターヘリは医師がその中に搭乗しているので、医師に注目が集まることが多いですが、当然ドクターヘリを運転している人もいます。ドクターヘリの運転は災害の現場に向かうことが多いので、スキルを問われることが多いです。

例えば山岳地帯で遭難した方を救助する時は、ヘリを遭難した方がいるところまで運転をしなければなりません。山岳地帯は気候が不安定ですから風などが強く吹いているケースもあります。スキルが高ければこのような緊急を要する現場で活躍することもできます。

その他にも民間で活躍できるお仕事としては報道が挙げられます。例えば高速道路で事故などが発生した時にはヘリを運航させて上空からその事故の様子を報道することもあるでしょう。そのような場面においてもヘリが使われます。更に防災ヘリコプターチャーターフライトなどヘリ免許があれば民間で活躍できる場所はとてもたくさんあります。

関連サイト【アルファーアビエィション】
・・・ヘリコプター免許取得スクールのサイトです。

ヘリ免許は官公庁で活かすことができる

官公庁においてもヘリを活用してお仕事をする場面はとてもたくさんあります。例えば日本には海の警察と呼ばれる職業があります。それが海上保安庁です。日本のメディアにおいても海上保安庁が取り上げられることが多く、知っている人も少なくないでしょう。基本的に特救隊でなければヘリで出動する機会は少ないですが、特救隊は船ではなくヘリで要救助者がいる場所まで移動して救助を行うので海上保安庁の中にはヘリ免許を活かしてお仕事をしている人もいます。

海上保安庁だけでなく、各都道府県の警察においてもヘリ免許を活かしてお仕事している人もいます。例えば警察はパトカーや白バイなどが有名な乗り物ですが、上空から犯人を追う機会もあります。上空から犯人の行動を把握すれば取り逃がしてしまう可能性を低くすることができるので、事件が起きた時は警察のヘリが出動することもあります。当然ヘリの運転にはヘリ免許が必要になるので、ヘリ免許を取得している人が犯人逮捕をするために運転をしています。

その他にも火災が起きた時に救助をすることをお仕事としている消防庁や、日本の省庁として有名国土交通省もヘリ免許を所有している方がヘリを運航してお仕事をしています。